エンジェルナンバー1818の意味、恋愛は?

エンジェルナンバー1818は、

”恋愛の始まりから、
恋人としての時間を経て、
愛情がお互いの中に行き渡っている状態”

を表します。

 

数字の「1」は始まり。

数字の「8」は、
循環、ループのナンバーです。

スポンサーリンク

「1」と「8」が2つずつ重なるということは、

”お互いが愛情を受け取って、
相手を好きでいる”

ということを表します。

 

・スムーズな会話
・相手を思いやる行動
・献身的な愛情

など。

今まで好きな相手にしてきたことが、
自分に還ってくる。

 

それが、一方ではなく、
お互いがその状態にある。

エンジェルナンバー1818は、
男女が同じ愛情を注いでいるときに
見ることができます。

 

また、気持ちにしこりがあったカップルには、

”恋愛が再び動き出す”

というメッセージになります。

 

時間、空間、
思いがすべて動き出す。

血液のように循環して、
流れていくことを意味します。

 

好きな相手からの思わぬ言葉や行動が、
愛情を動かすきっかけになります。

意識しなくても、
自然な流れの中で、
2人の息が合うようになるでしょう。

スポンサーリンク

エンジェルナンバー1818を見たあとは、
体調にも変化が現れる兆し。

 

表情が豊かになり、
体が軽くなる。

あたたかさがありながら、
勝気ばかりではない。

人として大きくなった雰囲気になるはずです。

 

片思い中の人にとっても、
チャンスのナンバーです。

恋愛したい!という気持ちが
巡り巡って相手に届く。

さらに、相手もその思いを受け取ることができるでしょう。

 

「8」は2つの個体(男女)がくっついて、
1つになる状態を表しますから、
「1」始まりから、「8」結びつくが
2つ同時に起こることを意味します。

 

エンジェルナンバー1818を見るのは、

”お互いの思いが接触する”

という兆しです。

また、始まりと循環を繰り返す、
恋愛の心情を表したナンバーでもあります。

 

恋のドキドキと不安、
葛藤などが交互にやってくる。

緊張感や、相手との駆け引きなども含めて、
今の恋愛を信じましょう。

 

恋愛に対して、少し不安になっている人。

その人はもう一度「1818」のナンバーを見直してください。

 

「1」と「8」の間には、
恋の始まりからこれまで、
色々な思いや迷いがあったはずです。

相手に愛情を受け取ってもらえるまでの時間を考えれば、
数字の間にある自分の思いが見えるはず。

これまで費やしてきた愛情を確信しましょう。

 

「1818」のエンジェルナンバーを見た時、
すべては動きだします。

エンジェルナンバーの一覧に戻る

スポンサーリンク

14 Responses to “エンジェルナンバー1818の意味、恋愛は?”

  1. かすい より:

    心が暖かくなりました。
    ありがとうございました。

  2. ナディア より:

    自分のことを見てくれていたかのような内容で、びっくり、そして
    とてもうれしいです!
    ありがとうございます(^∇^)

  3. s より:

    ほっこり♡
    叶うことは決まってるのね♡

  4. A より:

    信じてみようと思います!
    ありがとうございます

  5. 直美 より:

    ありがとうございます♡
    信じます♡
    幸せです♡

  6. なな より:

    来るぞ♡ 来るぞ、来るぞ、来るぞ。って以前1818を見まくって、彼が戻って来てくれました。今回も、ちゃんと元に戻りますように♡♡

  7. moon より:

    嬉しいです

  8. RN より:

    見れて幸せですありがとうございます        感謝です✨

  9. RN より:

    二回見ました  ありがとうございます

  10. 98221 より:

    ありがとうございます。
    とってもうれしいです♡
    こちらに出会えたことに
    感謝いたします♡

  11. 城咲 より:

    1818、今日初めて見ました。
    片想いの彼に、どうしても素っ気なくしてしまうので、このナンバーを見て、もう少し素直にならなきゃと思いました。
    がんばります。

  12. 弘美 より:

    文面読んで嬉しすぎて泣けました。この数字に気付けて幸せです。
    日々、思いやる心を忘れずに生きてきます。ありがとう✨

  13. 洋輔 より:

    ありがとうございます。会いたい

  14. 洋輔 より:

    また見れた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ